大学(院)で学ぶ(オーストラリア)

オーストラリアの大学はいずれも教育水準が高く、世界の大学ランキングでは5~8校が常に200位以内にランクインしています。また、こうした大学でも入学条件が比較的容易なことも魅力です。

 

また、オーストラリアの大学では、世界100ヶ国以上もの国から学生が集まり、国際的な環境で学問に励むことができます。

 

オーストラリアの大学には一般教養課程のような授業がなく、入学後すぐに専門課程で学ぶことになるため、入学時にある程度の一般教養や専門的な知識が必要となります。

 

医療系などを除く多くのコースは、3年間で学士取得が可能です。また、専攻によっては修士が最短12ヵ月で取得可能。総費用が抑えられ、経済的に留学できます。

 

オーストラリア国内には39の大学があり、そのほとんどが国公立大学です。私立大学は2校のみでボンド大学 (ゴールドコースト)ノートラダム大学(西オーストラリアのフリーマントル&ブルームとシドニー)となります。

 

大学入学に必要な英語力はIELTSで6.0-6.5以上、TOEFL で 550 ~ 600 点以上、医療系や大学院では7.0以上、のところもあります。

 

英語が苦手でも、現地大学付属の語学学校で進学に必要な英語力を養成することができます。

 

日本国内で英語学校や留学準備校などに通う必要がなく、高校卒業と同時に留学が可能です。また、大学によっては条件付き合格という制度(一定期間語学学校に通い、所定の成績を収める)があるため、合格を確保した上で英語の事前学習に専念できます。

 

オーストラリアの大学は、学ぶ意欲のある学生に対して広き門を開いている反面、卒業は難しく、追試というものもありません。将来グローバルに活躍したい皆さん、是非オーストラリアの大学(院)に挑戦してみませんか?

メモ: * は入力必須項目です